物語の終わり

就活失敗、内定0社、既卒無職、発達障害、メンヘラ

IIDX SINOBUZ 九段合格

新卒時代に軽く3桁は下らないお祈りメールを頂き、無い内定のまま大学を卒業するべきか悩んだ末に就職浪人を選んだわけですが、結局留年している分条件は一層不利になるわけで…遂に就活3年目に突入した次第です。

と言っても鬱病で(診断書を貰えるレベルの)ここ数ヶ月は面接すら受けていなければ研究職の道に進む覚悟も無いのでニート同然みたいなもんなんだが…

 

 

で、そんな精神状態で何をするのかと言うと、beatmania IIDX(通称弐寺)。単純に音ゲーとして楽しいのと現実逃避が合わさってたいへん都合がいいわけですね。

 

前作copulaの終盤くらいに始めて当時はたまに触るくらいだったんですが、最近は特に嫌な事が多くてゲーセンに足繁く通うようになり大量の時間と金を溶かしています。

その成果と言うか代償と言うか…

 

f:id:fukoblog:20170519143035j:image

 

まぐれ抜け感が否めないものの、ひとまず九段に合格しました。

現実逃避に遊ぶなら赤段位たる九段も一つの区切りとして丁度いいところかなと思います。これで音ゲー卒業ってわけじゃないんですが。ただ九段から十段が途方もなく遠いわけで…。具体的に言えば八段は☆11がある程度出来れば、九段も同じように☆11のクリアランプを増やしていけば通用するのに対し、十段以降は☆12の高密度譜面と戦えるようにならなければいけないってところに絶望感を覚えるわけです。他にすることも(というか気力が)ないので結局ゲーセン通いを続けるんでしょうけども