読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語の終わり

就活失敗、内定0社、既卒無職、発達障害、メンヘラ

雑記

重度のコミュ障が辿る末路

緘黙症(平たく言うと重度のコミュ障)の疑いがあるので簡単に自分を振り返った ・自覚している症状 (1)何を話せばいいのか分からない (2)発声そのものが苦痛 それぞれ詳しく掘り下げて行こう まず(1)について。 よくコミュ障相手には「思いついた言葉をそのま…

構想:無職カフェ

無職、フリーター、無い内定、対人恐怖症、発達障害、メンヘラ… 要は社会に適合出来ない人間 そういう人たちの居場所や受け皿があればどれだけ救われることか、と日々思っている 極端な例だが、あのオウム真理教も「社会に居場所の無い人間の受け皿」という…

友達いない歴=年齢

ぼっち。友達がいない様を指すスラング。もはや陳腐化した単語かもしれない よく使われる例が大学ぼっち。高校までは普通に友人を作れていたが、大学へ進学し環境の変化に適応出来ず結果ぼっちになる、と言ったところか。これは現実にもTwitterにもそれなり…

社会不適合者の生き様

ふーこ。23歳、無職。 高校卒業後、某国立大学理学部に進学するも16卒の就職活動に失敗。 その後就職浪人し2年間求職を続けるも、ただ1つの内定も得られず精神を病む。 その就活期に精神薬やオーバードーズ・自傷に手を染めたのだが、これはまた別の機会に…